一般歯科(虫歯治療)

虫歯治療のご案内

虫歯は、プラークに棲む細菌が食べ物に含まれる糖分を栄養にして、酸を出して歯を溶かしていく病気です。初期では痛みなどの自覚症状に乏しいため、知らないうちに虫歯にかかり進行してしまう方は少なくありません。日頃の歯磨きはもちろん定期的に歯科医院で検診を受け、虫歯の予防と早期発見・早期治療に努めましょう。

虫歯の進行段階

C0【虫歯の前兆】

C0【虫歯の前兆】

痛みなどの自覚症状はありませんが、歯の表面が白く濁った虫歯の手前の状態です。この段階であれば、正しい歯磨きとフッ素塗布で治癒します。

C1【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質の虫歯です。痛みはありませんが、虫歯菌に冒された部分が黒ずんできます。虫歯部分を削り、詰め物をして治療します。

C2【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで進行した虫歯です。冷たい物や甘い物がしみるようになります。麻酔をして虫歯部分を削り、詰め物や被せ物をして治療します。

C3【神経に達した虫歯】

C3【神経に達した虫歯】

神経にまで達した虫歯です。歯に穴が空き、何もしていなくてもズキズキと痛むようになります。歯を残すために、根管治療という歯の根の治療を行います。

C4【末期の虫歯】

C4【末期の虫歯】

歯の根だけが残っている状態で、末期の虫歯です。歯の神経が死んでいるため痛みはありませんが、炎症を起こすと再び激痛が生じます。ほとんどの場合、抜歯をして入れ歯やインプラントなどで歯の機能を回復します。

虫歯の大きさを測る機器を使用しています

当院では、虫歯の大きさを測る機器「ダイアクノデント ペン」を使用しています。この機器を使用することで、虫歯の大きさを数値化し、なるべく歯を削らない治療を行うよう心がけています。
※大きく進んでしまった虫歯は、やむを得ず削って治療する場合がございます。

ダイアクノデント ペン

ダイアグノデント ペンの特長

ダイアグノデント ペンの特長

  • 光を当てるだけなので、痛みがありません
  • 小さなお子様や妊婦の方でも検査可能
  • 虫歯の状態を数値で確認できます
  • 削る部分を最小限にすることで、健康な部分の歯を残すことができます
ダイアグノデント ペンの計測手順

ダイアグノデント ペンの計測手順

ダイアグノデント ペンの計測手順

  • 1. 歯面に低出力のレーザー光を照射
  • 2. 蛍光反射を受信
  • 3. 電子システムによって波長を読み取り
  • 4. デジタル表示と音で通知

虫歯治療~カリソルブ~

カリソルブとは、歯を削らずに虫歯を除去するために用いる薬品のことです。カリソルブを作用させることにより虫歯部分だけをやわらかくして、専用の器具でかき出して治療します。

カリソルブの特徴

  • 歯茎や歯のエナメル質には作用せず、虫歯部分だけを除去できる
  • 歯を削らなくて済み、痛みがない
  • 歯を削らないため、不快な機械音がない

こんな方におすすめ

  • 心臓病などで麻酔を使うことができない方
  • 歯を削る治療にどうしても抵抗がある方
  • 歯医者が嫌いなお子さん

※カリソルブはむし歯の状況により処置できない場合もございます。