インプラント

インプラント治療のご案内

インプラント治療とは?

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工の歯を取りつけて歯の機能を回復する治療法です。天然歯のような噛み心地と、美しい見た目を手に入れることができるため、「第2の永久歯」とも呼ばれ、年々治療を受ける患者さんが増えています。

インプラント治療とは?

患者様の声 宇都宮市T様

インプラント治療についての説明、健康状態の問診、手術の方法、治療期間、術前にいろいろとお話しがありましたので、何の心配も不安もなく受けることができました。
手術は思ったより簡単に済んで、術後の痛みも普通の歯を抜いたぐらいで一回の鎮痛剤を飲む事で済みました。
術後三ヶ月で仮歯を入れていただき、その後本歯が入るまでは待ち遠しくてなりませんでした。全治療が終了し、その結果自分の歯が戻った、蘇ったと思う程、何の躊躇なく食べる喜びを味わうことが出来たのです。
長い間、食べられなかったお煎餅やたくあんをボリボリバリバリ噛めたのですから本当に嬉しく思いました。
また部分入れ歯の時の止め金がないので大きな口をあけて笑えるし、話せるのです。
入れ歯のような床がないので口の中の異物感や話しずらさもありませんし、本来の自分の歯と全く見分けがつきません。
インプラント治療は最適な治療と確信しています。
最後にこのような治療をしてくださった先生に心から感謝致します。

当院では、チタンの表面にハイドロキシ・アパタイト(HA)をコーティングしたHAインプラントを使用しています。

Zimmer Dental CALCITEK MP-1(R) HA Surface Spline Implant

※インプラント治療は誰でも受けられるわけではありません。全身疾患をお持ちの患者さんや顎の骨に十分な厚み・量がない患者さんなどは治療が難しくなります。当院では、このような患者さんに無理にインプラント治療を勧めず、入れ歯治療で対応させていただきます。最近では、見た目が美しく違和感のない入れ歯も登場しています。

詳しくは「入れ歯(義歯)」のページをご覧ください。

インプラント・入れ歯・ブリッジ比較表

  インプラント 入れ歯
(保険適用)
ブリッジ
比較

インプラント

入れ歯(保険適用)

ブリッジ

メリット
  • 天然歯のように見た目が美しい
  • 違和感なくしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 人工歯根(チタン)は金属でありながら生体親和性に優れているため、金属アレルギーの心配がない
  • 簡単な治療で済む
  • 治療費が安く済む
  • 見た目がいい
  • 違和感が少ない
デメリット
  • 保険が適用されないため、治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 審美性に劣る
  • しっかり噛むことができない
  • 違和感がある
  • 支えとする歯を削る必要がある

ケース別治療法

1本の歯を失った場合

  • ブリッジを選択
    →失った歯の両隣に支えとなる歯が必要になり、健康な歯を削らなくてはならない。
  • インプラントを選択
    →単独で歯を補うことができるため、他の健康な歯にダメージを与えない。

術前

術後

複数の歯を失った場合

  • 部分入れ歯を選択
    →隣り合う歯に金属のバネを引っかけるため、健康な歯に負担がかかる。
  • ブリッジを選択
    →複数連なった長い人工歯を被せるため、支えとなる歯に負担がかかる。
  • インプラントを選択
    →失った歯の本数にかかわらず、周囲の歯に負担をかけることなく治療できる。

術前

術後

すべての歯を失った場合

  • 入れ歯を選択
    →違和感や痛みが生じたり、外れたり、固い物がしっかり噛めなかったりする。
  • インプラントを選択
    →失った歯の本数にかかわらず治療でき、機能性・審美性ともに回復できる。また、インプラントとマグネット式入れ歯を併用することも可能。

術前

術後

インプラント治療の流れ

Step1

インプラント治療の流れ Step1

歯茎を切開して、顎の骨に穴を空けます。

インプラント治療の流れ Step2

インプラント治療の流れ Step2

人工歯根を顎の骨に埋入して、歯茎を縫合します。

インプラント治療の流れ Step3

インプラント治療の流れ Step3

人工歯根と顎の骨が結合するまで3~6ヶ月待ちます。結合が確認できたら、人工歯根の上部を歯茎から露出させます。

インプラント治療の流れ Step4

インプラント治療の流れ Step4

仮歯を作製し、人工歯根の上部に被せます。

インプラント治療の流れ Step5

インプラント治療の流れ Step5

歯茎が治癒したら、人工歯を取りつけて治療は終了です。

インプラント治療の流れ Step6
治療後は、定期的なメインテナンスが欠かせません。定期検診をしっかり受けて、末永くインプラントを使っていきましょう。