入れ歯(義歯)

入れ歯治療のご案内

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯の大きなメリットは、治療費が安く済むことです。しかし、選べる素材の種類が限定され、機能性や審美性は自費診療の入れ歯には及びません。主な素材として用いられるレジン(歯科用プラスチック)は、熱を伝えにくいため食べ物の温度や味を感じにくいというデメリットがあります。また衝撃によって壊れやすいのもレジンの欠点です。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯の大きなメリットは、優れた機能性と審美性です。保険診療の入れ歯に比べて高額になりますが、選べる素材が豊富で、患者さんのご希望に合ったものを選択できます。そのため、入れ歯をしていることが周囲からは分からないくらいの自然な見た目と快適な装着感という費用に見合った美しさと機能が得られます。

当院で取り扱う入れ歯

総入れ歯~金属床入れ歯~

総入れ歯~金属床入れ歯~

上顎の内側にあたる部分が金属でできた総入れ歯が金属床入れ歯です。プラスチックより薄いため違和感が少なく、食べ物の熱を感じやすいため食事を楽しめます。なお使用する金属は、ゴールド、チタン、コバルトなどがあります。

上記では金属床入れ歯をご紹介していますが、当院では金属を使用しない「メタルフリー治療」を推奨しています。

総入れ歯~コンフォートデンチャー~

総入れ歯~コンフォートデンチャー~

入れ歯の裏側が生体用シリコンで覆われた総入れ歯がコンフォートです。クッション性に優れしっかり吸着するため、ズレたり外れたりといったことがありません。噛む力が通常の8割程度まで回復し、食事も十分に楽しめます。

総入れ歯 ~フルフィットシリコン~

部分入れ歯 ~フルフィットシリコン~

スマイルデンチャーの特徴である審美性と、粘膜面をシリコンで保護する優しさを兼ね備えた入れ歯です。
【フルフィットシリコンの特徴】
・義歯床の安定感
・シリコンで痛みの低減
・咬合力UP!
・金属床との組み合わせでさらに性能UP
・審美性を重視した設計

部分入れ歯 ~スマイルデンチャーシリコン~

部分入れ歯 ~スマイルデンチャー~

部分入れ歯 ~スマイルデンチャー~

金属バネの無い部分入れ歯です。金属バネが無いことで審美性が高く、アレルギーの心配もありません。
「痛くない」といった親和性も優れており、快適に過ごせます。

画像をクリックすると拡大します

「スマイルデンチャー」の詳しいご紹介はこちら 歯科技工所 SANWA DENTAL のホームページへ

部分入れ歯~ノンクラスプデンチャー~

部分入れ歯~ノンクラスプデンチャー~

従来の入れ歯は、装着する際に金属の留め金(クラスプ)が必要でした。また審美性を重視して、留め金を見せないようにする場合は、留め金をかける歯を削らなければなりませんでした。
そのようなデメリットを解消した入れ歯が「ノンクラスプデンチャー」です。ノンクラスプデンチャーは、金属の留め金を一切使用しない審美性に優れた入れ歯です。素材が半透明で歯茎の色と似ているため、審美性が高いのが特徴で、軽くて弾力性に富んだ丈夫な素材です。
「目立たない」:
従金属のバネがないため、大きく口を開けても入れ歯だと判らないほど自然で美しい口元になります。
「薄くて軽い」:
従来の入れ歯の半分の重さなので、歯を痛めることが少ないです。
「装着感が良好」:
固定する部分と床が一体のため、適合に優れ、入れ歯が安定してよく噛むことができ、食べ物が挟まったりすることもありません。
「弾力性があり破折しにくい」:
丈夫で破折に強く、割れたり折れたりしません。
「金属アレルギーの心配がない」:
金属のバネがないので、金属アレルギーの心配もありません。
「他の健康な歯に負担をかけない」:
残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、残っている歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定できます。

【このような方に最適】

  • 保険の入れ歯(義歯)の金属部分が目立つことや、唇や舌への違和感が気になる方
  • 健康な歯を削るブリッジや従来の入れ歯が嫌な方
  • インプラントによる修復が困難な方

白いクラスプ~アセタルクラスプ~

アセタルクラスプは、審美性と機能性を兼ね備えた留め金(クラスプ)です。留め金が歯と同じ色をしているため、見た目が気になる前歯などに最適で、耐久性・耐摩耗性に優れているのが特徴です。
また装着感がいいため、ストレスなく使用できます。
【アセタルクラスプのメリット】
・装着感が良好です。
・耐久性・耐摩耗性に優れています。
・金属アレルギーの心配がありません。
・浸水性がほとんどないため変色しません。